2013年08月09日

確定申告の還付金がなかなか振り込まれない場合の対処法

毎年恒例の確定申告から半年以上も過ぎましたが、今年は初めての還付金が振り込まれるということで期待して待っていたけど、なかなか振り込まれなくて大変だったので、今後のためにも記録しておきます。

いつものようにお正月を過ぎた頃から領収書等を整理しはじめて、2月初めにはネットから印刷するタイプの確定申告書がすでに出来上がっていました。

少し早すぎたかなと思って、実際には2月の下旬に管轄の税務署へ郵送しました。
数日たって、受領印が押された控えも返送されてきて無事に終了。

それからいつ振り込まれてもいいように、口座の確認と郵便で送られてくる還付金のお知らせの通知だけはきちんとチェックしていましたが、4月になっても5月になっても入っていません。
あまりにも遅いのできっと何か問題があったのだろうと思って、税務署に電話してみました。その時はもう5月末でした。

まず書かれていた電話番号に電話すると、いろいろな税金の種類ごとにわかれているようで何番を押してくださいというアナウンスがありましたが、確定申告という項目がなかったので一般の問い合わせということにしました。

たぶんですが、そこは税務署ではなく、総合受付のようになっていて、2月末に確定申告書を郵送して5月末の時点で還付金が振り込まれてないという事情を説明すると、では税務署の担当へおつなぎしますということでしばらく待っていました。

次に出た人は確定申告を郵送した先の税務署職員。ここではすでに相談内容を把握してもらっていたようで、もう一度最初から説明する必要はありませんでした。最初から、申し訳ありません的なとても親切な対応でしたが、すぐにはわからないようで、また別の担当の人に確認するので折り返し電話をするということになりました。

そしてしばらくして電話がありましたが、担当者がいないとか調査中とかなんとかで、また明日連絡すると言われました。

そして翌日、確定申告の担当(個人課税課)という人から電話がありました。そこでやっと振込が遅かった理由を聞かされました。私の場合の原因は、引越です。

引越前に申告していた都内の税務署から今住んでいる住所の管轄の税務署へきちんと連絡できていなかったことが原因でこうなってしまったとか。ああ、なるほど、と納得です。確かに手続きらしい手続きはしてないかも。ただ会社の経理がやるものだと思っていたのでそういうことは何も考えていませんでした。

税務署のスタッフさんには、もっと早く連絡するべきでしたと謝罪して頂きましたが、いや、こちらからもっと早く電話していればよかったと後悔しました。

会社には引越したことは伝えていたはずだったのに、書類上はまだ旧住所になっていたし、しかも住所の漢字が間違っていたので、これもきっと悪かったのかも。

それからすぐに振込のお知らせが届いて6月の中旬くらいにはきちんと還付金が振り込まれました。
しかも還付加算金という利息のようなものがついていて、ちょっと得しちゃいました。わーい(嬉しい顔)


posted by k at 15:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


10%OFF【送料無料】DHCプロティンダイエット50g×15袋入(5味×各3袋)〔Protein Diet 中澤さん プロテインダイエット〕

価格:4,410円
(2012/11/21 11:54時点)
感想(445件)



カルディコーヒーファーム 楽天で楽々通販♪