2012年07月04日

クリーニングで失敗。喪服がしわしわ。

先日身内の法事で喪服を着ました。
結構暑くて汗もかいたし、こんなジメジメした季節なのできちんとクリーニングに出しておいた方がいいと思ったので、ワンピースとジャケットをセットでクリーニング店にお願いしました。

そこは普通のチェーン店で、今回2度目の利用。
前回はとても好意的な印象で、仕上がりも満足。その時は夫の黒のスーツを出しました。料金は1000円くらい。

そして、今回私の喪服(礼服?)と一緒に夫の黒のスーツとワイシャツを出しました。するとトータル4300円の請求でした。計算あわないなーと思って確認すると、夫のスーツが2倍の1954円。もしかすると前回何かの間違いで安くなってしまったんじゃないかなと思います。やっぱり2000円くらいは普通じゃないかな。

私の喪服は上下で2200円くらい。ただ、店員さんは特に何も言わず値段だけを提示してきました。喪服なのでなんとかコースとかいって、普通よりも丁寧な仕上げになるのでこの値段ですとか一言言ってくれればよかったのに…(仕上がったハンガーには特別な何とかコースっていうタグがついてました)

それから1週間後、予定通りお店に受取に行くと、ワイシャツにしわがあると言われました。
ワイシャツは150円くらい。店員さんも別にこれくらいって感じだったのでそのまま受け取って持ち帰りました。なんか何も言わせないってくらいな勢いだったし、まあいいかって感じで帰ってきました。

そして自宅にもどって服を整理していたら、私のジャケットの前が襟のところから半分に折れて前にむかって倒れていて、どんなに直そうとしても折れてしまいます。ジャケットというよりもボレロに近い形かな。
試着してみても、左半分がべろーんとぶら下がってしまって、前で襟がきちんとあわせられません。

そして後ろを見ると、そこにも無数のしわが。

がっかりしました。
よく見るとワンピースのすそにも同じようなしわがあります。
たぶん、たくさんの服をぎゅーっとつめたような、そのまま跡がついてしまったような感じ。
伸ばしても、軽くアイロンを当ててもだめでした。

ワンピースの方は座ったりすればすぐにそれくらいのしわはできるのであきらめるとして、ジャケットの前のベロ〜ンはどうしても許せないので、もう一度クリーニング店に持って行き、事情を説明して再度やり直ししてくれるということになりました。

その時の店員さんはとても対応がよく、支払いの時の人とは違って好意的でした。たぶん一番最初に対応して頂いた方です。ちょっと安かった時の。今回は2度目で、この2度目の受け付けの人がちょっといい加減な感じで、昼間に受取にいって、ワイシャツのしわについて、それくらいいいんじゃないってな顔をしていた人です。

確かに細かいことにこだわるわけではないけど、こちらは一応お金払ってるお客なわけで、決めるのはこっちだし、ワイシャツくらいならいいけど、結果、喪服に2200円払ってしわしわにされて、なんか気分悪いなーって思いました。

もしあの感じ悪い店員さんなら、喪服を持って行ってもこれくらいいいんじゃない?って言いそう。
よくないよ!とキレてやるって最初は思いましたが、その店員さんがいなかったので、スムーズに話がすんで良かった。

よい店員さんがいるところが上手というわけでもないし、クリーニングの技術と受け付け店員の質はあまり関係ないので、まあ運が悪いというか、今回のことは勉強代だと思って、次は他のお店に行きます。
ラベル:クリーニング
posted by k at 14:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


10%OFF【送料無料】DHCプロティンダイエット50g×15袋入(5味×各3袋)〔Protein Diet 中澤さん プロテインダイエット〕

価格:4,410円
(2012/11/21 11:54時点)
感想(445件)



カルディコーヒーファーム 楽天で楽々通販♪